営業

種まきの本質とは、喜びである。

にほんブログ村 経営ブログへ
応援ポチが励みになります。
社長ブログランキング
Pocket

ビジネスにおける種まきとは、声掛けではない

おはようございます。

社長が一ヶ月会社にいなくても拡大、成長する組織作りの専門家、

ドリームパートナーの福本です。

 

昨日は、一年間お世話になったコンサルティング先の最後のセッションでした。

とっても感動的で、感謝いっぱいで、幸せな一日を過ごすことが出来ました。

やっぱり、本気の人達の夢を聞くのは良いですね。

こっちまで涙が出てきます。

 

皆さん、最後までずっとお礼を伝えて下さり、この仕事をやっていて本当に良かったと思いました。(^^)/

今後も、より多くの人達を幸せにするために精進していこうと思います。

 

で、最後に皆さんにお食事会に連れて行って頂いたのですが、気になることがありました。

それは、とある参加者の一人の方がこんなことを仰っていたのです。

「凄く夢に向かって今頑張れています。ずっと種まきはしています」

おお、とっても素晴らしい。

これは結果が出るのも時間の問題かな?って思いました。

 

しかし、色々とお話を聞いていると、少し気になる言葉がありました。

「お伝えする種まきはずっとやっています。でも、なんか相手がよそよそしくなっていっている気がするんですよね~」

・・・

私、七つの習慣が大好きです。

なので、七つの習慣のP/PCバランスをふと思い出しました。

 

P=結果

PC=原因

 

つまり、Pを得たかったら、PCも頑張らなければいけない。

では、ビジネスにおけるPとは何か?

これは、勿論、相手の方を喜ばせることであり、お金(感謝)を受け取ることだと思います。

それでは、ビジネスにおけるPCとは何なのでしょうか?

 

これは、色々とあるとは思うのですが、私の中では、”信頼”です。

この人が言うのなら間違いないだろう。

この人から買いたい!

この人に頼めば、絶対に何とかしてくれるはずだ。

こういった想いを相手に抱いてもらえるようになれば、Pを手に入れるのはそう難しくないと思っています。

 

じゃあ、信頼ってどう作るの?って話になりますが、結局これも、

「普段から喜ばせること」

であったり、

「話を聞いてあげて、親身になること」

であったり、

「他の方が欲しがる実績を作る事」

であったりすると思います。

 

まあ、いずれにせよ。

不快を快に変えてあげられる人になれれば、自ずとPを得られるPCを作り出せるようになるということですね。

なので、いくら種をまいていたとしても、「信頼」という原因を作る種まきでないと、どんなに頑張っていたとしても芽が出てくれないということになります。

私自身、常に今の行動は本当に種をまいている行為になっているのか?

自問自答しながら過ごしていきたいと思います。

Pocket

にほんブログ村 経営ブログへ
応援ポチが励みになります。
社長ブログランキング

社員さんの採用や育成にお困りの社長さんはコチラもどうぞ⇒

ABOUT ME
福本 翔吾
1987年生まれ。 鹿児島大学を卒業後、建設会社で現場管理人と、経営コンサルタントを経験した後、インターネットビジネスで独立。 現在、社長が一ヶ月会社にいなくても拡大、成長する組織作りをメインに活動中。 コンサルティングの特徴としては、『答えを教える』というよりかは、経営者の想いを整理して言語化したり、抜けや盲点に気付かせたりすることで『納得のいく最適解』に早くたどり着かせる伴走者のようなサポートをすること。 または、社員さんに対する研修や経営会議などによって、経営意識をもたし、自発的な行動を起こす組織作りを得意とする。 大きな夢として、「自分と他人を”一緒に”幸せに出来る人で埋め尽くされた社会を創る」というものがあり、その夢を基準とした活動を続けている。
いつでもお気軽にお問い合わせ下さい
Pocket

・コンサルのお申込み

・経営にまつわるご相談

・資料請求

・サービスに関するご相談

・取材に関して

など、何でもお気軽にご相談下さい。





Pocket