営業

売上高を辞めて、喜ばせ高にしよう!

にほんブログ村 経営ブログへ
応援ポチが励みになります。
社長ブログランキング
Pocket

売上と言うから、売りたくなる

おはようございます(^^)/

社長が一ヶ月会社にいなくても拡大、成長する組織作りの専門家

ドリームパートナーの福本です。

 

最近・・・というか、結構前から思っていたんですが、ほとんどの人が、やっぱりお金が先行してしまって、実際にお金を払ってくださるお客様の方へ向きが向いていないことが多いように感じます。

私もそういった時期が長く続いていたので、気持ちは良く分かるのですが、結局、相手を喜ばせきれなかった場合は、口コミも発生しないし、リピーターも発生しないので、最終的にお金が手に入らないという悪循環になります。

で、よく、モノを売るな!と言いますが、それを言いながら、「今月の売上は・・・・」と考えてしまうのでは、結局のところ、「売る」ことに焦点が言ってしまい、相手への喜びに目がいかないように思います。

 

これは、議論する余地もなく誰もが納得して下さることだと思うのですが、でも、実際に営業をしようとすると、やっぱり売り込みになってしまいます。

これは、キツイ言い方になってしまいますが、本当の意味でやっぱりお客様の喜びを考えれていないからだと思います。

実際に、私がコンサルで一番大事にしていることで、「どんなお客さまをどんな幸せに連れて行くのですか?」という質問に対して、明確に答えられる方がほとんどいないのです。

 

「お客様を喜ばせる⇒報酬を頂く」

は間違いなく”原則”だと思います。

では、どう喜ばせるのですか?どんな幸せな状態に連れて行くのですか?

という質問に必ず答えていなければなりません。

なぜなら、見えていないゴールは達成しようがありませんので・・・。

 

なので、もし、売上げを上げたい!と思われている方は、まずは喜びを上げたい!に変えてみて、具体的にどんな喜びお連れするのか?を明確にされたら良いと思います。

そうすることにより、具体的にどんなサービスを提供すれば、その状態にお客様を連れて行けるか?明確になりますし、何をしたらいいか?を考えられるようになります

アイディアも軸間違っていると意味がない

ここで、気が付いて頂きたいのが、

「売上をあげるためのアイディアを考える」のと、

「お客様の笑顔と安心を提供するためにアイディアを考える」

のとでは、全く異なるアイディアが出てくると思います。

 

恐らく前者では、ビジネスモデルを考えたり、販売戦略を考えたりと『売るため』のアイディア出しが多くなると思います。

一方、後者の場合は、「お客様の笑顔と安心」というビジョンを実践するために何が出来るか?を考えるようになりますので、相手の状況やニーズを把握しようとしたり、どうやったら、その感情を感じて貰えるかな?ということに対してアイディア出しを始めるようになるのではないでしょうか?

ここが、私はビジネスの成否を分ける、大きな境目のような気がするのです。

 

今まで、天才的なマーケターとか、営業マンとか見ていて、言葉が凄いとか、見せ方が上手いとか、そもそもの能力が異なるとかばかり思っていたんですが、それよりも何よりも、

「考える軸の”向き”」

が異なっていたんですよね。

 

そりゃあ、自分達が儲けることばかり考えている人達と比べて、相手のことをどうやって幸せにしようか?って考えまくっている人達の方から、商品やサービスを買いたいに決まっています。

やり方や決まったパターンにこだわらず、自分達の幸せ基準で物事を判断して、サービスしてくれるんですからね。

 

なので、私は売上高って言葉は辞めて、喜ばせ高にした方が良いよな!って思うんです。

だって、喜ばせた対価がそのまま数字に反映してくるんですから。

「売上、上がらない=喜ばせが出来ていない」

ということなのではないでしょうか?

 

そして、普段からそうした他人の喜ばせ高を意識出来るようになると、自然とそうしたことばかりが目に入ってくるようになり、業績も上がるようになると思っています。

あなたは、お客様をどんな幸せな状況にお連れしますか?

あなたのサービスを利用すると、どれだけ幸せになれますか?

一度、こうした視点から自社のサービスを考えられてみてはいかがでしょうか?

Pocket

にほんブログ村 経営ブログへ
応援ポチが励みになります。
社長ブログランキング

社員さんの採用や育成にお困りの社長さんはコチラもどうぞ⇒

ABOUT ME
福本 翔吾
1987年生まれ。 鹿児島大学を卒業後、建設会社で現場管理人と、経営コンサルタントを経験した後、インターネットビジネスで独立。 現在、社長が一ヶ月会社にいなくても拡大、成長する組織作りをメインに活動中。 コンサルティングの特徴としては、『答えを教える』というよりかは、経営者の想いを整理して言語化したり、抜けや盲点に気付かせたりすることで『納得のいく最適解』に早くたどり着かせる伴走者のようなサポートをすること。 または、社員さんに対する研修や経営会議などによって、経営意識をもたし、自発的な行動を起こす組織作りを得意とする。 大きな夢として、「自分と他人を”一緒に”幸せに出来る人で埋め尽くされた社会を創る」というものがあり、その夢を基準とした活動を続けている。
いつでもお気軽にお問い合わせ下さい
Pocket

・コンサルのお申込み

・経営にまつわるご相談

・資料請求

・サービスに関するご相談

・取材に関して

など、何でもお気軽にご相談下さい。





Pocket