人間関係

自分が「為る」ことに集中する!

Pocket

あなたは、周りの人や環境に期待していませんか?

こんにちは。

経営パートナーコーチの福本です。

今回は、周りの人や環境に期待しない!

ということに関して書こうと思います。

 

「周りの人や環境に期待しない!」

これはどういうことかと申しますと、多くの経営が上手くいっていない会社の場合、『自分』ではなく、コントロール出来ない、『周りの人や環境に期待している』ことが多いということです。

私はこれまで沢山の経営者の方にお会いしてきました。

そして、大体のパターンで経営が上手くいっていない経営者の方は、こう仰るのです・・・

 

「ウチの社員は向上心がなく、一体感も無いんだよね・・・」

 

この気持ち・・・

痛いほど分かります!

多分、実際、社員さんが中々動かないでしょうし、大体お話しされていることは正しいと思います。

 

ただ、それがいくら正しかろうと、それを彼らの責任としてはいけません。

何故なら、それが合っていようと合っていまいと、彼らは自主的に向上心を上げてくれて、積極的にコミュニケーションをとろうとしてはくらないからです。

 

「人を変えようとするのと、他人を変えようとするのはどっちが簡単ですか?」

 

私はいつも、経営者の方にそうお聞きします。

 

究極の話、あなたが孫正義だったら・・・、松下幸之助だったら・・・

社員に向上心がなく、一体感の無い会社というモノは生まれなかったと思います。

つまり、そういった社員さん達を動かせられるような『自分になる』しかないワケです。

 

私は過去に、両親と絶縁関係、妻と喧嘩ばかり、といった痛い人間関係を何度も経験しています!

でも、それは全て自分の在り方で変えられるんだ!と気づいてからは一瞬で人生が変わりました。

非常に両親とも仲が良く、嫁さんとも仲が良く、人間関係において悩まされることが一切なくなったのです。

 

つまり、全ての現状の問題や課題は、自分の考え方や捉え方、これまでの行動の結果なのだと理解し、全ての原因を自分にある!と考えるようになったら問題は全て解決されるようになったのです。

 

ただ、そうは言っても、中々こうした考えに触れたことが無い方は、この考えを受け入れるのは難しいと思います。

どうしても、相手の言葉や動きに反応してしまい、「自分が対応を変える!」ということを忘れてしまうからです。

私も過去に非常に苦しみました。

では、私は具体的にどうしたか?と言いますと、私が彼らと接する際の理想の自分を明確にしたのです。

 

両親においては、

「自慢の息子」というアイデンティティを持ち、

『元気であり続け、またやる気の源としてもエネルギーを発する。両親の幸福にフォーカスし、その手助けをする』

という自分の姿をゴールとしました。

 

妻との関係においては、

「女性にとって理想の夫」というアイデンティティで、

『妻は自分の身の回りにおいて最も大切な存在であり、最大限に愛し、幸福を与える。また、相手の一番の理解者となり、心の支えとなる。』

という自分を理想としました。

 

これらを定めることで、私は「自分がどういう人間になるべきか?」を明確にし、それに基づいた思考、行動をすることでそうした『人間になる』ことに集中できるようになりました。

すると、彼女らに対して、『私という刺激』が与える影響が今までと異なるので、両親や妻の反応が明らかに激変しました。

そして、更に私も彼女らの反応という刺激を受けることで、より良い反応を示すことが出来るようになり、益々素晴らしい関係性が気づけるようになったのです。

 

これは、勿論、職場においてもそのまま当てはまることで、自らがどういう社長になろうとするか?社員たちとどういう会社を作りたいのか?ということを明確にし、自分がそうした理想の社長、会社を作る模範となることを頑張りだすとドンドン環境が変わっていくのです。

 

で、ここでポイントをお伝えしたいのですが、自分の刺激を変えたのにも関わらず、相手の反応が悪かったとしてもそれは、無視してください!

そして、それはまだまだ自分が未熟なんだな!と捉えてみて下さい!

あと、結果はマストなんだけど、手段にはこだわらない!という原則も覚えておいて下さい!

 

上記三つの考え方を押さえておくと、どんなに相手の反応が悪かろうが自分が変わることに集中出来ますし、相手を変えるために自分が変わる努力が出来るようになります

人間は本当に様々です。

そして、どんな刺激が相手に変化をもたらすか分かりません!

なので、社長自らが得たい会社の状況、理想の自分の姿になるために様々な進化、変容を繰り返していってほしいのです。

 

これは本当に大変なことだと思いますし、正直面倒くさいと思うかもしれません。

しかし、本当に手に入れたい会社の未来や社員との関係性があるのであれば、周りの人や環境に期待するのは辞めて、自らがその変化を生み出す人材になることに集中するのが一番ではないでしょうか?

今回のお話は本当に実践して頂ければ人生が激変するようなことです。

是非、取り入れてみて下さい。

 

それでは今回はこの辺で!

ありがとうございました。

Pocket

コメントを残す

*