マーケティング

会社のお金の流れが一目で分かる!決算書はお金のブロックパズルで簡易化しよう!

Pocket

こんにちは!

経営パートナーコーチの福本です。

今日は、多くの経営者の方が嫌う、会社のお金の流れに関するお話しをしていきたいと思います。

 

あなたは、経営の数字に強い方ですか?

私は、とても苦手です。汗

貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書・・・

何だか、見ててもイマイチ分からないし、知らない単語が出てき過ぎだし、でも、キチンと覚えないとだし・・・

「あぁ、何だかイライラしてきた~」

「何で、こんなめんどくさい書類でまとめるんだよ~」

な~んてこと、結構思ったりする方も多いはずです(^^♪

 

でも、そんなとき、私の師匠である和仁先生のセミナーをたまたま受けることがあって、そのお話を書かせて頂いた時、愕然としてしまいました。汗

「えっ?こんな簡単に会社のお金の流れが分かるようになるの?こんなんでいいの?」

もう、シンプル過ぎるくらい、シンプルにまとめてあって、決算書が苦手であるはずの私ですらが、理解出来るほどの分かりやすさでした。

でも、それくらいシンプルでなければ、決算書から経営判断できるような要素を読み取れないのです。

早速ですが、そのシンプル過ぎるくらい、シンプルな、会社のお金の状況を表すお金のブロックパズルを見て頂きましょう。

下図をご覧ください!

※「超★ドンブリ経営のすすめ」のお金のブロックパズル引用

如何でしょうか?

とてもシンプルで、誰もが一瞬で会社の状況が今どんな形なのか?一瞬で分かると思います。

 

「えっ、こんなので会社のお金の流れが分かるの?」

もしかしたら、そう思った方もいるかもしれません。

しかし、これくらいで、十分すぎるほど、経営判断が出来るようになります。

経営で大事なのは、ザックリとでも良いので、本当はどういう方向へ進まないといけないのか?を明確にしてあり、かつ、会社が今どういう状況にあるのか?を把握しながら、改善をしていくことです。

つまり、金銭的な目標をきちんと設定し、毎月、その方向に向かっていけているか?確認していくということ。

とても簡単なことですが、多くの経営者の方が怠っている作業でもありますので、しっかりと確認して、行っていって欲しいと思います。

 

決算書をお金のブロックパズル一枚に!単純明快だから、判断が楽!

さて、先ほどのお金のブロックパズル。

まずは、簡単にどういうものなのか?説明していこうと思います。

※会社生活~決算報告書から引用~

 

さて、先ほどのお金のブロックパズルと損益計算書を並べてみました。

見て分かるように、決算書で「売上高」と書かれた部分がお金のブロックパズルの「売上」にあたる部分で、「売上原価」が「変動費」、「売上総利益」が「粗利」で、「販売費及び一般管理費」が「固定費」などにあたり、「営業利益」が「利益」に当てはまります。

固定費の中身に関しては、「人件費」と「その他固定費」が入っていますから、しっかりとその中身を確認しておかなければなりませんが、「販売費および一般管理費」についてまとめられた詳細がついていますから、そちらで確認が必要です。

 

さて、ここまで見ただけでもどう感じられましたか?

明らかに、決算書を一枚読むよりも、視覚的に見やすく感じませんでしたか?

そう、これだけでも自社がどれだけ売り上げがあって、どれだけ変動費がかかっていて、どれだけ固定費で圧迫されているか?一発で見えるようになるのです。

すると、粗利率(売上に占める粗利の割合(粗利/売上×100))が悪いだとか、労働分配率(粗利に対する人件費の割合(人件費/粗利×100))が良いだとかとかも見えてきて、益々経営に対する数字の問題が見える化されていくのです。

 

数字に強い人は別でしょうが、普通の人は、数字の羅列だけ見ても、自社の問題がどこにあるのか?が非常に判断しにくいのです。

ですから、キッチリとお金のブロックパズルに落として視覚的に見て、自社の問題がどこにあるのか?把握しましょう!

粗利率が低いということは、原価が掛かり過ぎているから見直さなければなりませんし、労働分配率が高ければ、社員の生産性が落ちているということなので、やる気が出るように労働環境を見直したり、人件費にかけている見積もりを考えなおしたりもしないといけないかもしれません。

視覚を使って、素早く自社の状況を把握出来るだけで、対策を考えるための時間も素早く確保できるのです。

※利益から出ていくお金も考えよう!

さて、続いて”利益後のお金”に関して説明していきたいと思います。

最初に見せたお金のブロックパズルの利益10の税金などが抜かれた後のお金の流れですね。

先ほどの損益計算書で、営業利益の後に営業外利益や営業外費用、特別利益、特別損益などがあったとは思いますが、この辺りは本業とは関係ない部分になりますので、とりあえず外して考えていきます。

すると営業利益から、法人税を抜いたお金が当期純利益となりますよね?

つまり、お金のブロックパズルで出した利益からは、税金がまず差し抜かれることが分かります。

 

上図の場合ですと、仮に利益から抜かれる税金を4として、税引き後利益の6を、当期純利益としましょう。

そして、更に、減価償却費の繰り戻しも入りますかから、税引き後利益に、減価償却費の2を繰り戻しし、残ったお金が、税引き後利益と減価償却費の繰り戻しを足した、8になりました。

この8の数字から更に、借り入れがあった場合の2が差し引かれ、更には設備投資用の3などが抜かれます

つまり、本当に残るお金というのは、3くらいのもので、これが来期などに持ち越せる繰越金となるわけですね!

 

如何でしょうか?

簡単に決算書が示している意味を理解できたのではないでしょうか?

当然、コチラに、貸借対照表の売掛金、買掛金などが付随してしてきて、更にお金の流れを明確にしていくのですが、全体的にはどのような形で会社のお金が形作られているのか?決算書を読むより分かりやすく見れたことと思います。

このような形にして、まずは自社の経営状況はどのような形になっていたのか?過去三年分を振り返って見てみて下さい。

意外に多くの気づきが得られたりするものですよ!

 

さて、ここまでの流れ・・・

苦手だった方は参考になったかもしれませんが、数字がそれなりに得意な方は、恐らく、よく理解されている方も多いと思います。

しかし、問題は経営幹部や従業員です!

彼らは、自分たちの会社がどのような状況か理解出来ているでしょうか?

利益が出ているのに、自分達にお金を還元してくれないと、勘違いしてはいないでしょうか?(法人税、借入、設備投資などに使っているということを知らない)

自分達が、働いている分に対して、どれくらいの売り上げをあげているのか?わかっているのでしょうか?

実は、この辺りの説明を分かりやすく、社員に伝えるためのツールとしてもお金のブロックパズルが役に立ちます。

 

先ほどは、分かりやすくするために売り上げや経費を100や20等としましたが、自分の会社の決算を置き換えてみると一瞬で自社の状況が分かりますから、決算書など読んだことのない社員にも、簡単に自社の状況を説明できるようになります。

恐らく、多くの経営者の方が頭を悩ましている原因として、『従業員の経営意識の無さ』などがあると思います。

自分は最初から決算書読めるから関係ないや!と考えていらっしゃった方も、従業員にはそこまで正確にお伝えしていないでしょうから、良かったらこのお金のブロックパズルというツールを使ってお伝えしてみて下さい!

経営者と従業員の考え方のギャップは、この会社のお金の状況を知っているか?知っていないか?によるところも多いので、かなり意識が変わってくれるはずですよ!

 

自分のビジョンとお金の流れを一致させる!

経営者の方には、ビジョンがあるはずです!

ただ、それを会社のお金の流れに連動させて、キッチリと目標の利益を確保できる会社様は多くはありません・・・

多くの会社の場合、

なんとなく、前年度の売り上げ10%アップ・・・

他社がこの辺りを目指しているから、ウチもこうしょう・・・

等といった、「何となく」目標が多いのです。

 

しかし、実際に会社の目標を立てる際にそれでは、目標を達成しないことがほとんどではないですか?

しかも、達成したは良いけど、ビジョンとは程遠い、最終結果になることもしばしば・・・

折角頑張ったのに、本当に得たかった結果を得られなかったら意味がありませんよね?

では、どうやったら、いいのでしょうか?

 

これは、実はとても簡単なことで、ビジョンを描いたときに絶対に必要な最終数字を決定した上で、それを達成するような数字目標を逆算思考で導き出せば良いのです!

ちょっと分かりにくいかと思いますので、簡単ではありますが、説明させて頂きます。

※単位は万円

 

例えば、去年の決算が上記のようなお金のブロックパズルになった会社があったとして、これまで下請けで仕事をやってきたが、自社の商品を開発し、新しい事業を立ち上げたいと考えたとします。

その新商品の開発費用は1000万円近く必要で、人は開発するために二人採用する必要があったとしましょう。

すると、先ほどのお金のブロックパズルに落とし込むとどうなるでしょうか?

 

まず、最初に考えなければならないのは、借金等が無い状況を考えたとすると、利益から税金を抜いた税引き後利益が1000万円になるように考えなければなりませんよね?

つまり、税引き後利益は1000万円で、税金が4割だと考えると、666万円(以下分かりやすくするために600万円で考える)、税金を抜かれる前の金額は1600万円ほどになります。

これをお金のブロックパズルで最終利益が1600万円に落とし込み、更に人件費二人分(仮で一人当たり年間400万円が掛かるとする)を追加して考えると・・・

下図のように変更されていきます。

当然、利益や人件費が変更されるので、固定費が変更され、粗利が変更されます。

そして、粗利率というのは変動することはありませんので、算出された粗利と粗利率から売り上げを出していくと、最終的な売り上げ目標が10800万円⇒14100へと変更されました。

つまり、得たい結果(利益1600万円、人件費分800万円追加)を最初に確定させ、逆算思考で必要な売上目標(14100万円)を打ち出したのです。

 

あとは、これを12ヶ月で割って、毎月の売上目標や、経費目標にすれば、毎月どれだけ売り上げる必要があるのか?経費を抑える必要があるのか?確認出来ます

とても大事なことは、毎月現状がどうなっているのか?計測できることです。

得たい目標があって、そのために

「毎月どうあらなければならないのか?」

「実際はどうなのか?」

を毎月入力すれば、それは改善すべきところが自ずと見えてきますよね?

 

こうして、お金のブロックパズルに基づいた逆算思考をすることで、あなたが得たいビジョンをしっかりとお金の根拠と結びつけ、更に現状がどうであるのか?を把握しながら経営を進めていくことが出来るのです。

 

目標のお金のブロックパズルが決まったら、いよいよ資金繰り!

さて、お金の目標計画まで決まったら、いよいよ資金繰りのことも気にかけていきます。

先ほども話したように、お金のブロックパズル目標が決まったのですから、それをあとは12ヶ月分で割って、一ヶ月ごとの目標数値をエクセルの表などにまとめておきます。(※当然、経費の細かい内訳等も細分化して書き出しておきましょう)

そして、そこで売掛金や買掛金、借入金の返済がいつに支払わなければならないのか?等を一緒に記載していくのです。

 

本当は、売掛金を来月までに支払ってもらわなければ、支払えない借入金があるのに、売掛金が回収出来てなかったり、一変にお金が出て行ってしまう可能性があるのに、借り入れのタイミングを逸してしまうのは、自社のお金の状況がどうなるのか?理解出来ていないからです。

ですから、こうなろう!と決めた計画表が出来上がったら一緒に、既に分かっている返済金なども記載しておくだけでそのお金が無くなってしまうタイミングというのを予測できるようになります。

そして、毎月の試算表をその計画表に入力していくのです。

すると、「あぁ、あと何か月後には資金がショートする可能性があるなぁ」とか、「これは買っていいモノなのか?そうでないのか?」などが全て見えてきます。

つまり、資金繰りが出来るようになるのです

※創業手帳さんの記事より抜粋

上記は資金繰り用の表ですが、こちらのような形で、毎月のお金の流れを作成した計画表に実際の実績値も落とし込んでいきましょう!

※資金繰りの仕組みに関しては、コチラのサイトから確認してみて下さい。

https://sogyotecho.jp/cashmanagement-sheet/

要は、資金繰りの難しさというのは、将来こうなりたい!という計画の無さ(その場その場で思い付きで行動してしまったり・・・)から生まれたり、現状の会社の毎月のお金の動きを把握していないことから生まれます。

ですから、毎月しっかりと売掛がどれくらいで、買掛がどれくらい、いつ資金がショートする可能性があるのか?を振り返る必要があるのです。

 

とても大事なことなので、もう一度言います。

毎月しっかりと、自社のお金の流れを確認するようにしてください!

多くの場合、資金繰りが上手くいかないのではなくて、計画をしっかりと立てていないのと、毎月確認していないのが原因です。

確認さえしておけば、いつ頃までにいくら必要なのか?見えてくるので対応が早くなり、結果資金繰りが上手くいくのです。

 

そもそも、税理士さんに全てお金の流れを委ねている方もいますが、これが一番危険です!

何故なら、税理士さんは経営判断を下せるわけでは無いのですから!

社長自身が、現状のキャッシュを・・・、お金の循環の調子をしっかりと理解し、今後の経営の方向性を判断出来るようにしていきましょう!

※こうしたお金の状況を毎回一緒に考えるのが、我々、キャッシュフローコーチ®の役割です。もし、お金に基づいた経営判断がしたい!という方がいれば、ご連絡下さい。

 

さて、ここまでお金のブロックパズルの説明をしてきましたが、如何だったでしょうか?

資金繰りの部分は少し大変なので、説明を省略させて頂いた部分もあるのですが、実際どのように決算書を分かりやすく読み込んで、経営判断を下せば良いか?ビジョンに基づいたお金の計画の立て方、毎月のお金の動きを観察する大切さなどは伝わったのではないでしょうか?

多くの経営者の場合、マーケティングは得意だったり、凄腕のスキルを持っていたりはするのですが、この辺りのお金の知識に関しては目を塞ぎがちだったりします!

ただ、どうしても経営をしていく限りはこの辺りの知識、毎月の確認は必要不可欠です!

しっかりと自社のお金の流れを理解し、大切な会社を大きくするためのツールにしてみて下さい。

 

また、更に詳しい内容が知りたい方は、私の師匠である和仁先生の『コンサルタントの経営数字の教科書』が大変参考になります。

是非、本書を手にとってみて勉強してみて下さいね。(^^)/

 

 

Pocket

コメントを残す

*