代表挨拶(社長メッセージ)

Pocket

人の能力を最大限に引き出して、最高に幸せな人を沢山創出(つくり)たい!

「絶対にココから逆転して、人生を最高のモノに変えてやる!」

・・・

当時、会社から解雇され、ホームレスにまでなった私が極寒の真冬の中、段ボールにくるまりながら考えていた本気の想いです!

実はわたくし、26歳の頃に大手経営コンサルタントの会社を解雇され、ホームレスにまでなり、警察に通報された経験を持っています。笑

理由としましては、三年間務めた建設業を辞め、転職を探しに出た東京で中々職が決まらず、ようやく決まったと思ったら三ヶ月で解雇され、高いアパートで契約していたので違約金などをとられ、一文無しになったからです。

解雇されたショックもそうでしたが、あの真冬の東京で、薄いブルーシートとちっちゃな段ボールと、ドンキで安くで買った毛布とで作った簡易寝床でガタガタ震えながら、ようやく一夜を過ごしきったと思ったら、住民から通報され、罵声を浴びせられた惨めな気持ちと言ったら本当に人生の中で一番最悪でした。

しかし、実はあの経験が一番の私の財産にもなっています。

 

「落ちるとこまでは落ちた!後は登るしかない!」

 

そんな想いが、今まで『全力を出す!』ということが苦手だった私に全力を出させてくれましたし、会社を立ち上げて、経営する情熱を与えてくれました。

 

実は私、社会人になりたての頃は、本当に劣等感の塊でした。

あまりにも”仕事が出来なかったから”です。

上司にも、「今までお前ほど仕事が出来ない奴は見たことがない!」と何度も言われましたし、結局の所、転職出来た大手経営コンサルタントの会社でも、理由はあるにしろ解雇されていますからね・・・。

「やっぱり自分の能力ってこんなもんなんだな・・・、もっと望みを下げるかな・・・」

そんな想いばかりが続いて、自分の自尊心はかなり下がっていました。

 

しかし、ある時、とあるセミナーに参加したのがきっかけで、本当に心の底からやってみたい!楽しい!と思えるようなことに出会いました。

それが、

「人の能力を最大限に引き出して、その人の夢の実現や幸せを掴む手助けをするコーチングの仕事」

です。

私は、その頃、実は既にインターネットビジネスで自分が食べられるくらいのお金は稼いでいましたが、心の底から、「これをやって社会の役に立ちたい!」と思えるような気持ちは味わっていませんでした。

なので、コーチングで実際に自分がそのセミナー講師の人達に自分の可能性を引き出して貰ったときに、

「これだ!これしかないっ!自分はこれで社会の役に立つんだ!」

という存在意義のようなモノを確立できる予感がしました。

 

実質、その学んだコーチングのスキルを使って、人の能力を最大限に引き出してあげて、最高に嬉しそうな顔で「ありがとう」と言われると、何とも言えない充実感を味わえます。

そして、何よりその人達が、本当に大きな結果を残して、成長していくのが嬉しくてたまりません!

現在では、ホームレスになった理由は、「こうして人のために役立つために神様が自分をふさわしい場所に導いてくれたんだな!」そのように考えています。

 

本当に、人間の可能性は無限だと思います。

会社から無能と罵られ、解雇され、ホームレスになった私が、現在は毎日最高の日々を過ごし、様々な冒険(スカイダイビング、バンジージャンプ、トライアスロン、真冬の滝行、日本舞踊、富士山登頂、サバイバル生活等)を行えています。

無限の可能性が秘められていなかったら、こんなこと有り得ないでしょう!

 

ですから、様々な困難に苦しんでいる方にも是非、『自分の可能性』というモノを本気で信じて欲しいと思います。

今苦しいのは、後で、最高の人生を楽しむためです。

苦しいと思っている試練は、あなたを成長させるための最高の肥やしです。

様々な困難を経験している人ほど、必ず後で素晴らしい成果を残せるのです。

このサイトに込めた想いと同じく、人生は冒険だと思います。

苦しみも楽しみながら、成功という大きな財宝を手に入れてみませんか?(^^)/

安心な領域に居ても、ずっと退屈なだけでつまらないですよ!

Pocket